たくやとおとん・・・ときどきリキ  父から息子へ残せるものは・・・

201101241909346ea.jpg
2013年12月16日にリキ(柴犬 ♂17歳9ヶ月)で虹の橋を渡り
前ブログ『たくやとおとんと・・・ときどきリキ』の更新は終わりました。
新たにこちらでタクヤのために彼の成長記録としてブログを書きます。


リキの初七日とクリスマス飾り・・・

2013 - 12/22 [Sun] - 23:27

通常は日曜日休みのタクヤタクヤの就労先だが
クリスマスの時期は日曜日も営業で出勤
しかし、今日出勤した人には最後にレストランで
ケーキが出たらしくニコニコ顔で
駅のホームから手を振るタクヤ。

タクヤ1

そして夜は冬至の『柚子湯』

タクヤ2

帰宅したタクヤと速攻で風呂に入り
明日はバスケで仕事はお休みのタクヤと
焼肉食べながら『乾杯~』
タクヤとお風呂と乾杯が一番楽しみな時間^^

昼間はリキの遺品を整理しながら
お線香を焚きオカンと初七日もすませた。

リキ2

もし・・・今後・・・新しく我が家の・・・
なんて思いながら使えるものや新しく用意したものも
思い切って整理することにした。

リキへの思い出は
家族ひとりひとりが心の中に。

タクヤは態度や口には出していないが
脱毛が広がり身体にも今までできなかっら湿疹
家族の誰よりもタクヤには大きな存在だったのだから・・・
それは遺品ではなくリキそのものなので
変に遺品を残すことはやめた。

長年、番犬として我が家を泥棒から守ってくれたリキ
小屋の中で大人しく寝た振りしながら
多くの小動物も仕留め・・・
そして知らない人にも愛想いっぱいに尻尾を振りながら
『ガブリ』と噛み付く立派な番犬(困った時もあったが・・・)

リキ1

小屋にもお線香を焚き
オカンと手を合わせて感謝した。

そしてリキがいた場所に
クリスマスツリーと飾り付けを。
今年はネオン無し飾りで
イブはキャンドルをつけて
リキを偲ぶ会に。

タクヤ3

ツリーの横にはリキの遺影やお線香
『和洋折衷』な感じだが
気持ちは同じだからリキも喜んでくれていると。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

良い初七日を迎えられた様で良かったです・・・
タクヤ君、一刻も早く悲しみが癒されます様に・・・・・・
なかなか難しいかもしれませんけど
体の不調に現れたら辛いですもんね。
リキ君はみんなの心の中で
いつまでも生きている・・・・・・・・
だから・・・・・・・・

みなさまお元気な感じで、ほっと。我が家もがぶりには、けっこう参ったほうで思い出しました。おとんさんのブログには、いつも癒されています。

長い時間を共に過ごしてきたリキ君の不在は
頭では納得していても、
心にすとんとおさまるには、まだ時間がかかりますよね。
虹の橋の先で楽しく過ごしているリキ君だろうけど、
触れたいですね。
昨年、愛犬を見送りましたが、今ではずいぶんと心にすとんと
おさまっていますが、
まだ時々、あばれます。
心がワンコの感触を感じて無性に触れたくなるのです。
心に確かにいるって事で少しの痛みとあったかいきもちになります。
たくやくんも時間がきっと、いやしてくれると思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://finalebook.blog.fc2.com/tb.php/1440-c1e14bb2

 | HOME | 

ファミリー

my-family小

登場人物
タクヤ・・・25歳のダウン症
リキ・・・17歳で虹の橋へ
オトン・・・53歳
その他
オカン・・・年齢不詳
お姉ちゃん・・・27歳

オトンのその他のブログ

虹の橋を渡った
リキの介護記録

rikidas赤
愛犬の介護日記
↑クリック↑
たくやとおとん
↑クリック↑

最新記事

月別アーカイブ

タクヤの就労先

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


blogram投票ボタン

リンク