たくやとおとん・・・ときどきリキ  父から息子へ残せるものは・・・

201101241909346ea.jpg
2013年12月16日にリキ(柴犬 ♂17歳9ヶ月)で虹の橋を渡り
前ブログ『たくやとおとんと・・・ときどきリキ』の更新は終わりました。
新たにこちらでタクヤのために彼の成長記録としてブログを書きます。


スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くのお見舞いコメントをありがとうございます

2014 - 09/06 [Sat] - 06:52

当ブログやおきてがみにことづてに
沢山のコメントを頂き本当にありがとうございます。

お袋の状態は日々一進一退で
一日2回面会時間に会いに行きますが
時間によっても大きく状態が違っていて
ここ二日は話す声も小さく
何かを言いたいのだが上手く口にできず・・・
言語障害も出始めているのか?
自分でも分かっていても
思っている事をうまく話せない・・・と言い出しました。

月曜日に最後の手段の治療により
何とかぎりぎりの状態で命を繋ぐ事ができましたが
心臓・肝臓・腎臓の治療は全くできず
尿が出なくなったことで全身が3倍も浮腫み
血管を膨らませているたんぱく質が出てしまい
血管が潰れている状態での透析と輸血で何とか・・・

詳しい内容は引き続きこちらで書いています。

昨日は仕事帰りのタクヤと娘を
女房が駅で拾って病院に連れてきてくれました。
ICUの面会は2~3人で10分以内
最初にタクヤと私が入る。
タクヤはお袋のベッドに行くとカバンから一枚の絵を。

拓哉画伯のコピー

昨日、就労先で月に2回あるアートの時間に
おばあちゃんを書いたと言ってお袋に見せる。
相変わらずタクヤ画伯の人物は
幼稚園の子が書くような独特の世界観の絵

タクヤが『元気になってボクとハグしているおばあちゃんの絵』
と、お袋に話す。

タクヤ画伯の絵は上手ではないが
もらった人の心に響く絵。

就労先のレストランの隣に出来た『アートの森』

森のアトリエ

ここでは月2回のアートの時間に作成した
作品が販売されていて
タクヤ画伯の『GHOST』シリーズのキャラクター作品

画像

は、ポストカードら栞や陶芸物等にも描かれていて
たまには売れるらしく給料に上乗せされてくる。

『GHOST』=オバケ
オバケだがタクヤにとっては怖いイメージはなく
描かれるオバケのキャラクターたちは
みんな笑顔のGHOSTたち

生き物には必ず寿命があり天に召される。
きっとこの中にはお爺ちゃんやリキもいて
そしてお袋も笑顔のGHOSTとして
タクヤのキャラクターの仲間たちの中に・・・

さぁ、来週はタクヤの就労先の稲刈り
お袋の体調が安定してくれていることを祈る・・・

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ファミリー

my-family小

登場人物
タクヤ・・・25歳のダウン症
リキ・・・17歳で虹の橋へ
オトン・・・53歳
その他
オカン・・・年齢不詳
お姉ちゃん・・・27歳

オトンのその他のブログ

虹の橋を渡った
リキの介護記録

rikidas赤
愛犬の介護日記
↑クリック↑
たくやとおとん
↑クリック↑

最新記事

月別アーカイブ

タクヤの就労先

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


blogram投票ボタン

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。