たくやとおとん・・・ときどきリキ  父から息子へ残せるものは・・・

201101241909346ea.jpg
2013年12月16日にリキ(柴犬 ♂17歳9ヶ月)で虹の橋を渡り
前ブログ『たくやとおとんと・・・ときどきリキ』の更新は終わりました。
新たにこちらでタクヤのために彼の成長記録としてブログを書きます。


スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日法要

2014 - 10/26 [Sun] - 05:52

先月17日に亡くなった

お袋の四十九日法要と納骨

青空でポカポカ陽気

3.gif

名称未設定-1

タクヤも緊張しながら焼香

親父の時はまだ小さかったので

記憶に残る最初の四十九日法要になったな。


長かったICUでの治療と

個室へ移っての終末期看病

でも、最後は孫の誕生日会や

お袋の敬老の日を家族や親戚・友人たちと

いつものお袋のまま笑顔でみんなを笑わせながら

旅立ったお袋の納骨

御斎(おとき)の席では故人を語りながら

お袋の法事らしくみんな笑顔

最後に皆様に挨拶

通夜や葬儀ではお袋を偲び泣く暇もなかったが

叔父や叔母たちに

『両親が居なくなった私たちに、これからは親代わりとして・・・』と

話し出したら・・・涙が止まらなくなってしまった・・・

タクヤが生まれた時に

一生タクヤの前では心配・不安にさせないために

『泣かない』と決めていたのだが・・・

でも、父も・・・



まだまだ色々と大変な事・やらなければ行けない事が

山積だが本家として、そして会社も・・・

無理せずに一つ一つクリアしていかなければ。

まずは四十九日法要と納骨を

無事に終える事ができました。

ウルズさん
ビッキー母さんへ

法事が無事に終わり疲れがどっと・・・・
まだ財産目録などが残っていますが
ちょっと時間をおいてからゆっくりと。

なんか私も母の時、がんばって涙ひとつ出さなかったのに、全て終わって葬儀屋さんに感謝の言葉を言っているさなかもの凄く泣けて、今思うとスゴく良かったです。思い出しましたよ。

こんにちは~
一段落ですね。
故人もこんな良い天気に恵まれ
愛しい人たちに参られ
喜んでいることでしょう^^

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ファミリー

my-family小

登場人物
タクヤ・・・25歳のダウン症
リキ・・・17歳で虹の橋へ
オトン・・・53歳
その他
オカン・・・年齢不詳
お姉ちゃん・・・27歳

オトンのその他のブログ

虹の橋を渡った
リキの介護記録

rikidas赤
愛犬の介護日記
↑クリック↑
たくやとおとん
↑クリック↑

最新記事

月別アーカイブ

タクヤの就労先

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


blogram投票ボタン

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。