たくやとおとん・・・ときどきリキ  父から息子へ残せるものは・・・

201101241909346ea.jpg
2013年12月16日にリキ(柴犬 ♂17歳9ヶ月)で虹の橋を渡り
前ブログ『たくやとおとんと・・・ときどきリキ』の更新は終わりました。
新たにこちらでタクヤのために彼の成長記録としてブログを書きます。


スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦二人だけの休日は散歩・ポタリング

2015 - 02/08 [Sun] - 07:48

タクヤは土曜日もレストラン勤務で

バスケの練習が無い土曜日は

夫婦二人だけで過ごすことが多くなった。

娘は相変わらず冬場の週末は雪山へ



お天気も良く風も無く散歩日和

久々に自転車を出す。

が、タイヤの空気は抜けていた。

空気を入れる所の虫ゴムの劣化?

二台の自転車の虫ゴムを交換して

水に付けてみたが空気の漏れがなさそうなので

ポタリングに行く事に。

コースは自宅→海老川→船橋港(ららぽ)
→谷津干潟→バラ公園→津田沼駅→自宅
の25kmコース

海老川のサイクリングコースには

多くのランナーやグループで散歩する人たち

寒梅も綺麗でお天気も良く

ここまでは自宅から下り坂で7km位だったので

女房もご機嫌で来れた。

画像 004

海老川のサイクリングコースを通って船橋港へ

画像 005画像 006

1_20150208072024c21.jpg 画像 008

ちょっと曇り始めてきだす。

昼食はららぽーとで中華

画像 009

折角、ダイエット&健康目的のポタリングだったが

がっつりと食べてしまう。

ららぽに来ても一切買い物もせず

食べたらすぐに次の目的地へ

ららぽから谷津干潟やバラ園は近い。

が、道路は湾岸線を走るので空気は悪い。

画像 010

干潟とバラ園は通過しただけで中には入らず

帰りの道を女房と選択休憩だけ。

我が家は市内でも高台でどうしても

帰りの急な登り坂は避けられない。

でも女房は坂は・・・もう登る元気は・・・

仕方なく、隣の習志野市経由で遠回りだが

帰る道を選択する。

ここで問題が発生。津田沼周辺は

南口から北口へ通り抜けれる道が少なく

結局本当に遠回りだがJR津田沼駅の歩道橋を

自転車を押して越えて北口側へ

そこから自宅までは大通りと坂道を避けて

新京成線の線路脇と住宅地を走る事に。

住宅地はまさに迷路。

何とかタクヤが通っていた電車通学していた

中学校まで行けたら女房も帰る道が見えたので

元気が出てきて先頭を走り出す。

何とか自宅まで辿り着いたが予定より

10kmも多く走ったので二人の口からは

『お尻が痛い』『足が攣りそう』の言葉しか・・・

健康目的のポタリングだったが

上り坂を避けたために

とんだポタリングになってしまった。

タクヤが帰宅する時間には二人とも疲れてウトウト

タクヤからの駅に『着いた』電話で起こされ

急いで迎えに行く始末。

運動は『纏めて』やるのは無理で

日々サボらず徐々に・・・

分かっていても『まだ若い』と脳が・・・

過信していた事に反省と

衰えた体力を実感した夫婦でした。

カノッチさんへ

通勤も車で仕事も椅子に座っていることが多く
運動不足や加齢による衰え・・・
たまには運動でもと自転車に乗ったのは良いが
自分たちの想像以上に衰えていて・・・
大変なポタリングになりましたよ^^

こんにちは
夫婦ポタ楽しそうですね。(^O^)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

ファミリー

my-family小

登場人物
タクヤ・・・25歳のダウン症
リキ・・・17歳で虹の橋へ
オトン・・・53歳
その他
オカン・・・年齢不詳
お姉ちゃん・・・27歳

オトンのその他のブログ

虹の橋を渡った
リキの介護記録

rikidas赤
愛犬の介護日記
↑クリック↑
たくやとおとん
↑クリック↑

最新記事

月別アーカイブ

タクヤの就労先

スポンサードリンク



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


blogram投票ボタン

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。